20g

本体サイズ
全長約8cm
フロントフック
ダブルアシストフック#12
リアフック
トレブルフック#6

 

基本的には40gがスタンダードですが40gでは水深が浅すぎるシーンで活躍。重さが軽いためフォールに時間がかかり食わせる機会が長くなります。また、小さなベイトを捕食している魚を狙う時には、ジグを小さくしないと無視されます。そんなシルエットを小さく見せたい時などにも活躍するウエイトです。

 

40g

本体サイズ
全長約10cm
フロントフック
ダブルアシストフック#14
リアフック
トレブルフック#4

 

まずは40gから。初めての釣り場など水深がわからない時などの偵察に重宝。必ず持っておきたいウエイトです。マゴチなどから、ブリやサワラなどの大型の魚も幅広く狙える、ショアジギングには必須のウエイト。

 

60g

本体サイズ
全長約11.5cm
フロントフック
ダブルアシストフック#16
リアフック
トレブルフック#4

 

重いジグは、風の影響を受けにくくより遠くに投げることができます。強風の時や潮の流れが速い時に活躍します。また、水深が深い場所ではボトムが取りづらくなるため、根がかりが起きやすい軽めのジグよりも重い60gがおすすめ。

 

Cold Wind (シルバー)

イワシをはじめとした小魚系のベイトフィッシュの光反射を模したカラー。光量がある程度確保された場面でのショアジギングで有効なオールラウンダー。使用頻度が高く、ひとつは持っておきたいスタンダードカラーです。

 

 

Rich Forest (グリーン×ゴールド)

ある程度の深場をはじめとして、雲が厚めで光量が少ない場面で出番が多くなるカラー。ラインナップにひとつあると、カラーローテーションを組みやすいアピール力に優れたヒットカラー。

 

 

Deep Sea (ブルー×シルバー)

魚に警戒心を抱かせることなく、自然に食わせることができるナチュラル系カラー。イワシやアジ、サバなどのベイトと同様の色でリアルなカラーです。ひとつは持っておきたいリアルカラーの決定版。

 

 

Golden Sunset (レッド×ゴールド)

ゴールドとレッドの組み合わせは、魚からコントラストがはっきり見えるため、シルバー系のカラーよりも潮が濁り気味の時や、光量が少ない場面や、底物狙いの時は必ず欲しいカラー。

 

 

Sandy Beach (ピンク×ゴールド)

水中で、水の色と対照的なピンクも、アピール力の高いカラーです。空が曇っている時など、レッドが目立ち過ぎてしまう天気がよく、海が澄み切っているシーンでも思わぬヒットが出るかも。